葬儀

このサイトはLINK FREEです

葬儀-grave.com

葬儀

葬儀というのは葬送儀礼を略した言葉で、一般的に葬式という場合もあります。本当は葬儀式と言い、亡くなられた人の冥福を祈って別れを告げる儀式のことです。東京や埼玉に限らず葬儀社は全国各地に点在しています。費用やサービスと言った面は葬儀社ごとに違いはありますが、葬儀の流れはほとんど一緒です。

また葬儀の歴史を調べてみました。
葬式も通夜と同じでお釈迦さまとお釈迦さまの両親が亡くなった時のことで、インドの王で転輪王という王の葬儀が原型となっており、遺体を布や綿などでグルグルに巻いて棺の中へ入れて、香木の火の中に入れ火葬した後、塔を作って供養するといったものです。

こういったことから各宗の仏教に合わせて葬儀を行っており、弔い方にも色々あり、土葬や水葬、鳥葬、火葬などの葬儀が存在し、仏教では火葬が本葬となっているのです。
葬儀には寺や葬儀場などで行う堂内式と外で行う露地式、火葬や土葬の場所で行う三昧式、自宅で行う自宅式などがあるのですが、最近はほとんどが堂内式又は自宅式を行うところが多いみたいです。
それに密葬と本葬などが存在し、後で本葬がある時の密葬は親類だけで行うので案内などは一切しません。

浄土宗の場合、葬儀の法要として新たに亡なられた人に対して極楽浄土に行ってもらうために下炬引導をすることが中心になっています。
下炬というのは松明で火をつけて火葬することで、引導とは新たに亡なられた人を浄土に行ってもらうためのもので、引導を渡す瞬間が葬儀の中で一番大切な時間でなのです。

葬儀は故人のためのものであり、引導の後は焼香することになります。
親族や遺族などの焼香の後、一般の人の焼香となっており、会葬者の人数や葬儀社などによって、お経と一緒に焼香を始める場合もあります。
会葬者が多い場合は、葬儀の後に告別式を行う場合があり、そういった場合は葬儀は近親者ですませ、席を改め近親者は会葬者近くに並び感謝の気持ちをあらわします。
ですから葬儀と告別式は別のもので、葬儀はあくまで故人のためのものであり、遺族や親族が故人の冥福を祈り、別れを告げるためのもので、告別式とは、故人の友人、知人が最後の別れをする儀式で、本来葬儀に引き続き会葬者全員で遺骨を墓地に埋葬する前に行なう儀式でした。

最近では、一般の会葬者が火葬場まで行くことがないため、告別式は焼香を中心に行なわれるようになり葬儀と告別式を同時に行なうことが多くなっています。
告別式が終わると会葬者へのお礼を喪主が述べ、出棺を行います。
時には喪主に代わって親類の代表などがお礼を述べる場合もあり、告別式が修了すると故人を火葬します。
火葬が終了したら、骨を拾い集めて収骨することを灰送します。

住職

亡くなられたら住職を呼んで来てもらい、故人の枕元でお経を挙げてもらいましょう。 檀家寺などがあれば良いのですが、普段から寺院との関係がまったくないときは自分の家がどんな宗派であって、近くにその宗派の寺院があるか調べないといけません。 近年、自宅で葬儀をするという人が少なくなっており、葬儀を行う場所を考え、寺院を借りるなら住職がお経が終わって帰る前に葬儀の話もしておくと良いでしょう。

pickup

白 家具

お揃い パーカー

ショッピング枠現金化

高価買取をいたします。

携帯買取